【No.92】「ホテルやディケアなどの効用」

動物病院やホテルなどで、ワンちゃんやネコちゃんをお預かりするサービスがあります。

ワンちゃんやネコちゃんと一緒に生活されておられるご家族で、急にご病気になったり、ご不幸があり、どうしても一緒に連れて行けない場合は、どうされますか?
お友達やご近所の方にワンちゃんやネコちゃんをお預けになる方もおられるでしょう。

もう何十年もワンちゃんと一緒に生活されておられる方からお伺いした話です。
ある日、ご家族にご不幸があり、今までご家族と離れて過ごしたことのないワンちゃんをホテルへ初めてお預けになったそうです。
葬儀中に電話があり、「今すぐ引き取りに来て欲しい」とのこと。
あまりにも、「帰りたい!」と吠え続けてホテル側は困ってしまったようです。
今は笑ってお話になられていましたが。

人でも、成長とともに、お泊り保育、学校での宿泊行事など、ご家族と離れて生活することで、いろいろな環境で生活できる力が養われていきます。
成人になっても、初めての場所での宿泊では、少し緊張して眠れないこともありますよね。
少し慣れてくれば快適になります。

ワンちゃんとやネコちゃんも一緒にお出かけできる時は、積極的に連れて行ってあげてください。
しかし、一緒に行くことが難しい場合は、動物病院やホテルを利用して下さい。

シャンプーやトリミングなどの少しのお預かりでも、初めての場合、多くのワンちゃんは緊張したり興奮したりすることが多く、これは大変だと感じます。
しかし何回かお預かりしてトリミングをすることによって、徐々に慣れてきて、ある程度の時間は、じっとしてトリミングに協力してくれるようになります。

私たちと同じように、ほとんどのワンちゃんやネコちゃんは他の環境にも適応する力を十分持っていますから、できるだけ小さいときから環境の変化にも対応できるようにしてあげることが重要です。

動物病院やホテルへお預けになる前に、事前にその宿泊環境をチェックして、できるだけ快適な宿泊場所を選んであげてください。

ワンちゃんであれば、一日2回散歩をしてもらえるのか、遊んでもらえるのか、他のワンちゃんと接触はないのかなど、ネコちゃんの場合、ネコちゃん用のお部屋が用意されているか、遊んでもらえるのか、スタッフはネコ好きか?など事前に確認されることをお勧めします。当然きれいな環境であることは必須条件です。

 

PAGE TOP