「人と動物との絆」連絡帳 
〜〜歯のクリーニングのはなし〜〜
No.16

タカサクラガーヤ動物病院  
東京都世田谷区世田谷4−18−7 
(世田谷区役所第二庁舎の南)


電話: 03−5451−5188

ワンちゃんやネコちゃんの口臭が気になりませんか? 歯の色が変化していませんか? 歯肉の一部が赤くなっていませんか? 最近、よだれが多くないですか?かみ方や食べ方に変化はありませんか?

「ワンちゃんやネコちゃんの歯磨きは毎日行ってください」と言ってもなかなか実行できないものです。歯石が付いてしまった子ではどうしても、動物病院で、歯のクリーニングが必要です(歯石除去とポリッシング処置)。

ワンちゃんやネコちゃんは、歯石を取り除く時、じっと我慢して口を開けてもらえることはありませんから、安全な全身麻酔をかけて、歯のクリーニングをする必要があります。歯石を取り除いた後、歯を研磨剤でしっかり磨いてあげることも重要です。ぐらぐらしている歯や必要のない乳歯は、抜歯処置を行い、他の永久歯やかみ合わせに悪い影響を与えないようにします。また、歯肉などが赤くなっている場合は、その部分に痛みがあるため、食欲にも影響しますから、鎮痛処置なども一緒に行います。

歯石を取り除くと、歯や歯肉の問題が少なくなり、口の中がきれいで口臭がなくなります。ワンちゃんといっしょに生活されていない方が、ワンちゃんの臭いで一番気になるのがお口の臭いです。その強烈な臭いが確実に激減します。歯のクリーニングをした後で、歯磨きを毎日していただければ、その後、1年以上きれいなお口で生活していただけます。下の写真は、安全な全身麻酔で歯のクリーニングを終えたものです。ピカピカの口を見てください。

歯の健康に関するお問い合わせは、タカサクラガーヤ動物病院までどうぞ。


 
「人と動物との絆」連絡帳のバックナンバー

タカサクラガーヤ動物病院  
東京都世田谷区世田谷4−18−7
                  
電話: 03−5451−5188

獣医師のツイート @sanbutaro