タカサクラガーヤ動物病院  
東京都世田谷区世田谷4−18−7

電話: 03−5451−5188


心電図検査               

心臓が出す電気的信号の異常をチェックするために行う検査で、ヒトの場合と同じように行います。ただし、ペットは、仰向けになるのを嫌りますので、右下を横にして寝かせて、それぞれの手足に電極を付け、心電図を測定します。この場合も、普通のペットは、私たちに協力的ではないので、一人が保定し、もう一人が心電計を操作します。

心電図の波形は、人と違い、個体差が大きいため、コンピューター解析はなかなか難しく、それぞれの波形を見ながら診断します。心電図をご説明差し上げるときは、データを見ながら行います。ご質問がある場合は、何でもお尋ね下さい。

血圧検査
ペットの血圧?と思われる方が多いかもしれません。ペットの皆さんと同じように、血圧を測定します。測定原理は、ヒトの場合と同じですが、カフを巻く場所、手と足、そして尻尾(しっぽ)も使えます。しかし、落ち着きのない子とか、毛が長くて測定できない場合もあります。

犬や猫の最高、最低、平均血圧は、ヒトと同じような値です。ワンちゃんでは、収縮期血圧>160 mmHg、または、拡張期血圧 >120 mmHgの場合、全身性の高血圧の可能性があります。動物では、多くの場合、高血圧が他の病気によって引き起こされています。ただし、興奮したり、一時的に高血圧になることがありますから、血圧測定を何回かに分けて行う必要があります。

  「タカサクラガーヤ動物病院のサービス内容」へ
  

タカサクラガーヤ動物病院  
東京都世田谷区世田谷4−18−7

電話: 03−5451−5188

獣医師のツイート @sanbutaro