便検査       

タカサクラガーヤ動物病院  
世田谷区世田谷4−18−7

便の検査も、ペットにお願いしても。新鮮なサンプルを検査に使うことはできません。普通、採便棒と呼ばれるものをお尻の中にやさしく入れて、新鮮な便を採ってくるようにしています。このようにして採った便は、寄生虫の卵がないかどうか、原虫がいないかどうか、異常に特別な細菌が増えていないかどうかを調べます。
便を採取する場合も、軽くペットを保定する人と採便する二人で行う必要があります。


寄生虫の卵の存在を確認するための糞便浮遊検査、原虫検査のためには新鮮糞便(生食水混合)の直接塗抹検査を行います。下痢の場合は、糞便塗抹標本の染色を行い、異常な微生物を検査します。

「タカ・サクラガーヤのサービス内容」へ戻る
 
タカサクラガーヤ動物病院 
東京都世田谷区世田谷4−18−7

電話: 03−5451−5188

獣医師のツイート @sanbutaro