救急サービス          
タカサクラガーヤ動物病院  
東京都世田谷区世田谷4−18−7


突然の事故や病気などで、呼吸困難、心臓停止などになった場合、何か異常だと感じたらできるだけ早く来院して下さい。タカサクラガーヤ動物病院(世田谷区世田谷)で対応ができない場合は、東京都内の信頼おける動物病院をご紹介差し上げます。

注意していただく点は、
1) 動物を安全に固定して、安定した体勢にしてあげること。
2) 動物の無意識の行動で、ヒトがケガをしないようにすること(特に咬傷に注意)。
3) お電話下さい。あわてないで、ご家族のお名前とペットのお名前などをはっきりお伝え下さい。
4) 安全運転で、ご来院下さい。

ペットが無反応で呼吸も脈拍も見られないことが分かりましたら、直ちに胸部の圧迫をしてあげて下さい。小型犬(7 Kg以下)のような胸部が狭い動物では、横にしてあげて、胸部の圧迫を1分間あたり80−120回の速度で行います。圧迫と弛緩は、50:50でお願いします。胸部の厚さの25−30%くらいを圧迫してください。大型犬では、仰向けにして、圧迫するようにします。できない場合は、動物の輸送のことをまず第一に考えてください。

ヒトでは、同じような状態の場合、意識喪失によって気道が捻じれ、閉塞する傾向にありますから、気道の確保、呼吸、圧迫の順で行われますが、まっすぐで開通性を保った気道を持つ動物では、「圧迫」が重要と考えられています。どちらにしても呼吸が重要ですから、気道の確保(気管チューブの挿管)そして呼吸を確実にする処置は、動物病院で行います。

「タカサクラガーヤのサービス内容」へ戻る


タカサクラガーヤ動物病院  
東京都世田谷区世田谷4−18−7
                  
電話: 03−5451−5188


獣医師のツイート @sanbutaro