歯石除去      

タカサクラガーヤ動物病院   
東京都世田谷区世田谷4−18−7

電話: 03−5451−5188

第一段階:
ペットのお口の中を見てあげたことがありますか?ちょっと、見てあげて下さい。歯が、黄色になっていたり、歯肉の部分が赤くなっていたりしていませんか。口臭はいかがでしょうか? ご家族以外の方に、におっていただいた方がよく分かります。

何か異常かなと感じられたら、できるだけ早くタカ・サクラガーヤ動物病院(東京都世田谷区世田谷)へご相談下さい。口の中をチェックし、問題がないことを確認してください。歯磨きの方法もしっかり指導してもらいましょう。

第二段階:
ご家庭で、毎日、歯磨きを行ってあげて下さい。ただし、歯石が付いた状態で歯磨きをしてもあまり効果がありません。

第三段階:
歯石を含めた口の中の定期的な検査を最低1年に一回行ってあげて下さい。そして、中年(7−8歳)以降では6ヶ月に一回のチェックが必要です。必要ならば、動物病院で歯石除去を行いましょう。

歯石除去に関しては、一般に分かりにくいことが多いので、ポピュラーなご質問にお答えします。

質問その1. 歯石除去を行う時の費用はどのくらいかかりますか?

(答え) 歯石の付き方や、歯肉の病気の病気の状態などによりますが、普通、身体一般検査料、血液検査料、尿検査料、心電図・血圧検査料、必要であれば、X線(レントゲン)検査、静脈留置料、イソフルレンガス麻酔料、麻酔モニター料、歯石除去処置料などで見積が作られます。それぞれの料金は、まちまちですから事前に来院していただいて確認下さい。


質問その2. 歯石除去の処置に全身麻酔が必要ですか?

(答え)ハイ。全身麻酔は100%必要です。人と同じように「大きくお口を開けて」というと、15分間くらいお口の中に手を入れてもそのまま開けておいてくれるペットがいれば、全身麻酔は必要ないかもしれません。全身麻酔をかけることによって、歯石を取る時、痛みなどをまったくかけない状態にしストレスをかけないで行うことができます。歯石を取るスタッフも歯を一本一本しっかり確かめながら、治療することができます。
歯石を除去した後は、歯の表面を研磨剤で磨くポリッシングをしっかりしてあげます。

質問その3.全身麻酔が心配なのですが、どうしたらよいのでしょうか?

(答え)安全に全身麻酔するためには、麻酔前に、全身の検査が必要です。タカ・サクラガーヤ
動物病院では、詳しい身体一般検査、血液検査(血球数検査、白血球鑑別検査、血液電解質検査、尿検査、心電図検査、血圧検査などを行って、全身の状態を確認して、安全な麻酔が実施できるようにしています。

どんなご質問でも結構ですから、歯石除去に関するご質問は、タカ・サクラガーヤ動物病院へご相談下さい。お待ちいたしています。 

電話: 03−5451−5188     

質問その4.ペットの歯や歯肉の病気を治療してあげないと、今後、もっと問題になるのでしょうか?

歯や歯肉の病気により痛みが起こり、食事が上手くできないようになることもありますし、歯石の蓄積によって、口の中のばい菌が体中を駆け巡りやすくなり、心臓病や腎臓の病気を引きを起こすことが考えられます。

「人と動物の絆」連絡帳バックナンバー: 
歯のクリーニング

「人と動物の絆」連絡帳バックナンバー: 
歯石除去とポリッシング

「タカ・サクラガーヤのサービス内容」へ戻る


タカサクラガーヤ動物病院
東京都世田谷区世田谷4−18−7

電話: 03−5451−5188

獣医師のツイート @sanbutaro