ワクチン接種 予防プログラム:

タカサクラガーヤ動物病院

東京都世田谷区世田谷4−18−7
電話: 03−5451−5188

ワンちゃんのワクチン
狂犬病ワクチン: 生後3ヶ月で接種、その後毎年4月に接種(法定ワクチン)して下さい。動物病院で健康チェックをして、注射をして下さい。ワンちゃんの登録や狂犬病ワチンの済票の手続きは、タカサクのすぐ隣にある世田谷区役所第2庁舎内の世田谷保健所で簡単に行えます。

犬5種混合ワクチン(犬ジステンパー、犬アデノウイルス2型感染症、犬伝染性肝炎、犬パラインフルエンザ、犬パルボウイルス感染症):2ヶ月齢から接種。 ワンちゃんの初回ワクチンです。

犬8種混合ワクチン(犬ジステンパー、犬アデノウイルス2型感染症、犬伝染性肝炎、犬パラインフルエンザ、犬パルボウイルス感染症、犬コロナウイルス感染症、犬レプトスピラ病(黄疸出血型とカニコーラ型)):初回ワクチン(5種混合ワクチン)以降、4ヶ月齢まで、3−4週間隔で接種する。14週齢以上の場合も、2回接種して下さい。その後、動物病院で健康チェックをして、年一回のワクチン接種を行って下さい。

ネコちゃんのワクチン

猫3種混合ワクチン
(ヘルペスウイルスによる猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症): 生後2ヶ月齢から4ヶ月齢まで、3−4週間隔で2回接種する。12週齢の場合も2回接種。その後、1年に一回、ワクチン接種を行って下さい。

猫白血病ワクチン(FeLV): 外に出る猫で、FeLV抗原陰性の場合、三種混合ワクチンと同じように2回接種します。 必ず、動物病院でFeLV抗原、FIV抗体検査を行って下さい。(検査後、外に出たり、新しくネコちゃんをお家に入れなければ、一生に一度の検査で、OKです)。

猫免疫不全ウイルス感染症不活化ワクチン(FIV): 8週齢以上の外に出るネコちゃんやFIV陽性の同居のネコちゃんと一緒に生活している場合、このワクチンを接種します。2〜3週間隔で3回、その後、免疫を維持する目的で、一年に一回注射をします。

フェレットのワクチン
フェレットのワクチン(ジステンパー): 4ヶ月齢までに2回接種します。

「タカ・サクラガーヤのサービス内容」へ戻る


タカサクラガーヤ動物病院

東京都世田谷区世田谷4−18−7
電話: 03−5451−5188

獣医師のツイート @sanbutaro