麻酔モニター 
(生体情報モニタ)

タカサクラガーヤ動物病院  
東京都世田谷区世田谷4−18−7

電話: (03)5451−5188

全身麻酔中は、いろいろなモニターを用いて、安全を確認します。

パルスオキシメーター(動脈血酸素飽和度、脈拍数)動脈血の中の赤血球に含まれるヘモグロビンの中で、オキシヘモグロビン(酸化ヘモグロビン)が占める割合を示すものです。動脈血の酸素化の状態をリアルタイムで知ることができます。

呼気ガスモニタ- (CO2濃度、吸入麻酔薬濃度、呼吸数)
呼気には二酸化炭素が含まれ、吸気には通常、二酸化炭素は含まれません。呼気、吸気の二酸化炭素濃度を、連続的に測定したものをカプノグラフ(カプノグラム)といいます。呼吸の総合的な指標です。

心電図モニタ-
心臓の電気的活動を記録するものです。麻酔中では、不整脈の確認と心拍数計測が主に行われます。

血圧
心臓が全身に血液を送り出す力(心臓の収縮によって生まれる力)が大動脈を経て全身に伝わり、それによって動脈壁に及ぼす力です。普通は、オシロメトリック法(非観血式血圧)と呼ばれる動脈の拍動をカフの内圧の振動として捕らえる方法で、私たちが病院で血圧を測定する方法とよく似ています。

体温
麻酔中に体温が異常に変化(特に低体温)していないかどうか確認する。


呼吸数
麻酔中も自分で呼吸できる場合は、その呼吸数を測定します。自分で呼吸できない場合は、人工呼吸器で呼吸回数を調整します。

「タカサクラガーヤのサービス内容」へ戻る



タカサクラガーヤ動物病院
東京都世田谷区世田谷4−18−7

電話: (03)5451−5188

獣医師のツイート @sanbutaro