【NO.51.5】ネコちゃん

ワクチン予防注射:3種混合ワクチンを、一年に一回してあげてください。外に出るネコちゃんでは、白血病ウイルスとクラミジア予防の5種混合ワクチンの接種をお願いします。

ノミ予防:ノミの成虫も卵にも効果のあるフロントライン・プラスを1ヶ月に一回、背中の首の根元に滴下してください。市販のノミ予防薬やノミ予防薬入りのシャンプーなどをすると、ほとんど効果がなくなりますから、ご注意!

消化管内寄生虫駆虫処置:駆虫薬(ドロンタール)を年4回忘れないように投与して下さい。外に出るネコちゃんでは、ワンちゃんと同じように、是非、フィラリアの予防も行なってあげてください。フロントラインと同じような皮膚にたらす薬で、ノミ予防薬と消化管内寄生虫駆虫薬がいっしょになったブロードラインという薬もあります(この薬にはフィラリア予防薬も加わっています)。

食事:サイエンスダイエット(ヒルズ)などの良質のフードと水がベストです。これで太り過ぎることはありません。太りぎみのネコちゃんは、処方食でダイエットをしましょう。

避妊・去勢手術:生後5ヶ月くらいまでに行ってあげてください。ただ、手術は何歳になっても行うことができます。中年以降に生殖器の病気(女の子では子宮蓄膿症、卵巣や乳腺の腫瘍、男の子では、行動や精巣の問題)が多くなります。かわいいいネコちゃんが痛みを伴わないで長く健康を維持できるよう、避妊・去勢の手術を是非行ってあげてください。

シャンプー・トリミング:汚れが目立つようであればシャンプーをして、気持ちよくしてあげましょう。毛の長いネコちゃんでは、毛玉ができやすいのでブラシで毎日手入れをしてあげてください。

定期的な健康診断:中年まで、年2回、中年以降は、年4回(人では1-2年に1回に相当)

運動:健康なネコちゃんでは運動のし過ぎということはありませんから、しっかりネコちゃんと遊んであげてください。

歯磨き:一日一回、歯磨きをしてあげてください。ネコちゃん用の歯磨きペーストを使用されると簡単に、歯磨きの習慣が身につきます。

マイクロチップ:13.5 mmのIDチップを皮膚の下に注射するだけで、一生、身元確認は安心です。

PAGE TOP