【NO.14】ドライフードについて

良質のドライフードを食べられていますか。
ペットショップなどでは、大変多くの食事が販売されています。どれをかわいいワンちゃんやネコちゃんにあげたらいいのか迷われていませんか。食事を選んだ理由は、ウチの子はちょっと太りすぎだから○○○をあげているとか、だれだれさんの推薦でこれをあげられているとか、パッケージが素敵、この犬種用の食事だとか、ドライフードはダメだと言われたとか、皮膚に良い食事、消化に良いなどでしょうか。キャベツ入りやグルコサミン入り、さらには豆腐殻(おから)、野菜がいいなどなど・・・。


ワンちゃんやネコちゃんには、それぞれの体に合わせて必要とする栄養があります。ワンちゃんやネコちゃんが、小さな人間でないことは確かです。
ヒルズのサイエンス・ダイエット<PRO」を推奨します。ヒルズは、ペットフードを100年に渡って研究し、さらに処方食を世界で初めて開発し、すでに60年の歴史があります。健康維持食と特別療法食の両分野で世界をリードする製品を世界の市場に送り出してきています。良質なドライフードは、他の添加物の多い食事に比べておいしくないと感じられるかもしれません。しかし、それは無駄な添加物が少ないことを示しています。ほんの少数の遺伝的な問題がある子以外、良質な食事によるアレルギーの心配はまったくありません。

ワンちゃんの食事を手作り食にされておられる方もおありです。愛情一杯と思われるかもしれませんが、ワンちゃん自身の健康のためにはマイナスなことが多いものです。特に、栄養バランスの点が問題です。ワンちゃんにはワンちゃんの栄養があり、ネコちゃんにはネコちゃんの栄養が必要です。ワンちゃんやネコちゃんでは、同じ食事に「飽きる」ということはありません。ご家族の方が、同じ食事に「飽き」て、毎日同じ組成のドライフードをあげていないことの方が、問題です。是非、ワンちゃんやネコちゃんに良質のドライフードだけをあげるようにしてください。食事に関するお問い合わせは、タカサクラガーヤ動物病院までどうぞ。

PAGE TOP